📖 新着 登山初心者情報



登山家 小西浩文の『目で見てわかる登山教室』楽しいトレッキング講座〜登山道具の準備から初めての山登りまで、まるわかりDVD〜
はじめての登山も安心。動画で解説の、登山方法です。



登山初心者入門書なのに経験者にも人気の訳

登山家 小西浩文の目で見てわかる登山教室
楽しいトレッキング講座
登山道具の準備から初めての山登りまで、まるわかりDVD


先日ご紹介した、登山家・小西浩文さんの「目で見て分かる登山教室」が、
大変ご好評をいただいております。
有難うございます。

まだ見て居らっしゃらない方も、
登山解説動画の一部を無料でご覧いただけますので、
是非アクセスして見て下さい。

多くの方に手に取っていただいておりますが、
実は私自身、驚いたことがあります。
それは・・・受講された方に、「登山経験者」が想像以上に多かったことです。

さすがに、3,000M級の雪山も慣れたものです、
と言うほどの玄人さんはいらっしゃいませんが(笑)

3時間以上かけて登頂するような、
初級〜中級向けの山にも登っている経験者です。

そして、更に驚くことに、
この登山経験ずみで受講された多くの方が、
小西浩文先生の解説が分かり易く、とても参考になった
とおっしゃっていました。

私も皆さん同様、登山を始める前に、登山について学び始めたので、
経験者に、この内容は物足りないのではないかな?
と思っていましたが、実は違ったようです。

と言うのも、周りの素人の経験者に誘われて、
少し教わった程度で登ってみたとか、
知識なんてあまりいらないだろう、と思って登ってみた、
と言う人が、案外多いのです。

そんな風に、気楽に始められる点は、登山のいい所ですが、
実際に登ってみたところ・・・

「登山道と言っても、整備された道だけじゃないんだな」
「事故に遭う危険性を実感した」
「もっと難しい山に挑戦するなら、知識不足な気がする」

こんな感想を持つ人も多いのです。

実際に登山した経験があるからこそ、

「登山の基本的な知識を習いたい」
「安全で、疲れにくい登山の方法を知りたい」

こう思うのです。

しかも、『きちんとした登山のプロ』から学びたいのです。

もし、皆さんが何も知識を得ることなく登ったとしたら、
同じ事を思うのではないでしょうか?

このメール講座で、登山について学んでいることですし、
皆さんには、登山の基礎知識をプロの登山家からしっかり学んだうえで、
「楽しく」「安全な」登山を始めて欲しいと思います。


私は、小西浩文さんから、
しっかり登山の基本について学びました。
それから、初めての登山に挑戦したので、
不安に感じることもありませんでしたし、
バテて歩けなくなる、と言う事もありませんでした。

もし、皆さんが、この学べるチャンスを逃し、
大切なことを「知らない」ままに登山をしたら・・・。
おそらく、「やっぱりきちんと学んでおこう」と思われるでしょう。
そして、「それなら、最初からやっておけば良かった」と思うかもしれません。

それよりなにより、「知らない」経験者より、
「知っている」初心者のほうが、
安全な登山が出来ることは間違いありません。


安全な登山が出来るからこそ、
より登山の道のりや、大自然の美しさを楽しめると思います。

登山家が教える、
生まれて初めての登山でも大丈夫な登山講座はコチラからご覧いただけます。

◇プロ登山家 小西さんから登山の基本が詳しく学べる!
詳しくはコチラをご覧下さい。
「生まれて初めての登山に役立つ!登山教室」
(株式会社Good Appealさんのメールより)



公式サイトはこちらから

登山家 小西浩文の目で見てわかる登山教室
楽しいトレッキング講座
登山道具の準備から初めての山登りまで、まるわかりDVD
公式サイトはこちらから


発行者:株式会社Good Appeal

登山家 小西浩文の目で見てわかる登山教室 楽しいトレッキング講座 詳細

戻る 登山家小西浩文さんが教えてくれた1日5分の体力トレーニング方法

登山家小西浩文さんが教えてくれた1日5分の体力トレーニング方法

登山家 小西浩文の目で見てわかる登山教室
楽しいトレッキング講座
登山道具の準備から初めての山登りまで、まるわかりDVD


こんにちは。
いつもお読みいただき有難うございます。
登山のテクニックやマナーについて、
これまでのメール講座で、少しずつ理解していただきました。

皆さんも、登山に対する不安より、
「楽しみ」というワクワク感の方が、強まってきていませんか?

いよいよ!
「道具を揃えて、登山の計画を立てよう!」
としている、ところかもしれませんが・・・
チョットお待ちください!

以前お話しした、登山に登る為の「必須の体力」
皆さんは自信がありますか?

不安だなぁ・・・と少しでも感じているなら、
毎日忙しい貴方にピッタリの、
とっておきのトレーニング法」をお教えします!

メール講座の3回目でも少し触れたのですが、
1日たった5分
それだけです!

トレーニングと言うと、
長時間走り込んだり・・・
ジムに通ったり・・・

初めは良くても、
忙しかったり、だんだん面倒になって、
続かない事がしょっちゅうです。

続かなければ、意味がありません。

体力が付かないまま、不安な体力のまま登山を始めてしまうと、
バテたり、怪我をしたりして、
せっかくの初登山を、楽しめない可能性があります。

そこで、1日5分のトレーニングです。

たった5分なら、忙しい日々の中の、
チョットした時間に出来そうですよね。

コレを続けるだけで、
登山に必要な体力は、十分付けることが可能です。

しかも、自宅でも出来るので、
行くのが面倒で辞めてしまう、と言う心配もありません。

これは、登山家の小西浩文さんが、教えてくれたトレーニング方法なのですが、
全く特別なことはありませんし、
確かに、日常生活の中の、チョットした合間に出来ます。

そのトレーニング方法とは・・・
実は、「階段の上り下り」です。

階段であれば、自宅の階段でも、会社の階段でも、
スーパーの階段でも、河川敷の階段でも…
どこでも大丈夫です。

わざわざどこかに出かける必要はないので、
皆さんも、気軽に続けられると思います。

是非、登山の計画を立てる作業と並行して、初めてみて下さい。

ただし、せっかくやるなら、たとえ5分でも、
しっかり、効果的にトレーニングする方が、もちろんいいですよね。
貴方の大事な、5分間を使うのですから。

ですが、この階段上り下りのトレーニングは、
ただ単にやれば良い、と言う事ではありません。

実は、チョットした注意点を知ることで、
より怪我をしにくい体力作りが出来ます


逆に、この注意点を知らないと、膝を痛めてしまいます。

先日からお伝えしている、登山家小西浩文さんの登山講座では、
DVDで、この階段トレーニングを解説しています。

下りで重要な注意点とは?
上りのトレーニングですべき事とは?

目で見てわかる登山教室・トレーニング方法.PNG

せっかくトレーニングをしたのに、
そのトレーニングで体を痛めてしまい、
登山の計画を延期せざるを得なかった・・・
そんな悲しい事態は非効率ですし、避けたいものです。

ですから、「注意点」を知ったうえで、
階段を使ったトレーニングをやっていただくことをお薦めします。

「チョットした注意点」に気を付けるだけで、
ただ階段を上り下りするよりも、体を痛めにくく、
登山で使う部分を効果的に鍛えられる
ので、
皆さんも、自信を持って登山に望めますよ。

◇「1日5分のトレーニング」注意点とは?
登山初心者が知らない、基礎知識を教えます!
詳しくはコチラをご覧下さい。
「生まれて初めての登山に役立つ!登山教室」
(株式会社Good Appealさんのメールより)



公式サイトはこちらから

登山家 小西浩文の目で見てわかる登山教室
楽しいトレッキング講座
登山道具の準備から初めての山登りまで、まるわかりDVD
公式サイトはこちらから


発行者:株式会社Good Appeal

登山家 小西浩文の目で見てわかる登山教室 楽しいトレッキング講座 詳細

戻る 登山で必要なマナー・ルールなので知っておいてください
進む 登山初心者入門書なのに経験者にも人気の訳

登山で必要なマナー・ルールなので知っておいてください

登山家 小西浩文の目で見てわかる登山教室
楽しいトレッキング講座
登山道具の準備から初めての山登りまで、まるわかりDVD


こんにちは。
登山講座6回目になりました。
今まではトレーニングや道具の選び方など、
テクニックに関することをお伝えしてきましたが、
今日は、登山を始める前に、
かなり重要なことについてお伝えします。

貴方もご存知かと思いますが、
ゴルフにも、野球にも、スポーツにはルールがあります。
ただ走るだけのマラソンにも、ルールがあります。
これらのルールを破れば、失格や退場となりますよね。

そして、おそらく貴方もルールを知らなければ、
見ていても面白くないと感じるはずです。
もし、ご自身が詳しくないスポーツのテレビ中継をやっていても、
つまらないからチャンネルを変えてしまいますよね。

登山も同じです。
登山にもルールがあるんです
しかし・・・
「ルールに違反したから、失格。」
何てことは一切ないので、ご安心ください(笑)

失格にはなりませんが、知らないと、
「そんなことも知らないのか」と他の登山者に注意されて、
つまらない登山になる可能性もあります。

「やっておけばよかった」と事故をした後で、
後悔することもあります。

やはり知っていた方が、「楽しく」「安全に」登山が出来るので、
是非押さえておいて、いただきたいと思います。

ルール、何て言うと大変そうに思うかもしれませんが、
歩行者は右側通行、程度のルールです。

「いくつかの注意点」として、登山をする人が共通して持っている認識なので、
マナー」と言った方がいいかもしれません。

全く堅苦しいものではありませんし、
当然のことと言えば、当然のことなので、
そのうちの1つについてお話しします。

貴方は登山で頂上についた時、何がしたいですか?
大きく深呼吸?
ヤッホーと叫ぶ・・・ようなベタなこともきっとしてみたくなる絶景が待っていると思います(笑)

ただ、誰もが共通しているのは
せっかく登った頂上で、ゆっくり過ごしたいと思うでしょう。

そこで、軽食や、昼食などを持って行って食べる。
これほどおいしく感じられる食事は、そうそうないと思います。
是非、お弁当などを持って行って、食事を楽しんでください。

しかし、ここで気を付けて頂きたいのが、
その食事の後の「ゴミ」です。
ナイロン袋やお弁当の空きガラ、ペットボトルだけでなく、
ウェットティッシュやティッシュペーパーなども、
貴方が持ち込んだものです。

登山は自然そのものを楽しむものです。

貴方が頂上に登った時に、
辺りがゴミだらけになっていたら・・・
頂上に登ったせっかくの喜びも半減してしまって、「がっくり・・・」ですよね。
それは貴方も、他の登山者の方も同じです。

又、登山では大自然を感じること自体が楽しめると思います。
いつまでも、山のこの自然を豊かに保つ為にも、
貴方にも協力してもらえたら、と思います。

ですので、荷物にはゴミ袋を忘れずに入れてください。

登山どうこうというより、
人間として守っていきたいマナーですが、
登山においても、このマナーを知っておいてほしいと思います。

知っているか、知らないか。
それだけで大きく登山の仕方が変わると思います。

登山のマナーはみんなが気持ちよく、
安全に登山する為のマナーなので、是非知っておいてください。

この他にも、登山する前に、提出しておくべき書類についてや、
雨や雷に出くわした時の為の、避難小屋の使い方などについても、
又、機会がありましたら、お話ししたいと思います。

◇他にも登山のルールを教えて欲しい!
「登山計画書」って何ですか?
詳しくはコチラをご覧下さい。
「生まれて初めての登山に役立つ!登山教室」
(株式会社Good Appealさんのメールより)



公式サイトはこちらから

登山家 小西浩文の目で見てわかる登山教室
楽しいトレッキング講座
登山道具の準備から初めての山登りまで、まるわかりDVD
公式サイトはこちらから


発行者:株式会社Good Appeal

登山家 小西浩文の目で見てわかる登山教室 楽しいトレッキング講座 詳細

戻る 登山道の登り方、歩き方のコツや知識
進む 登山家小西浩文さんが教えてくれた1日5分の体力トレーニング方法