📖 新着 登山初心者情報



登山家 小西浩文の『目で見てわかる登山教室』楽しいトレッキング講座〜登山道具の準備から初めての山登りまで、まるわかりDVD〜
はじめての登山も安心。動画で解説の、登山方法です。



疲れにくい登山をする為に道具の選び方が重要なポイントになります

登山家 小西浩文の目で見てわかる登山教室
楽しいトレッキング講座
登山道具の準備から初めての山登りまで、まるわかりDVD


こんにちはです。
さて、メール講座2回目は、
道具の選び方」について、お話したいと思います。

登山の初心者が意外と見落としがちなのが、
道具の選び方です。

「とりあえず、何でも良いのでは?」
と思っている登山初心者がとても多いのです。

確かに、ただ山を歩くだけなので、
テニスやサッカー、野球のようなスポーツとは違い
特別な道具は必要無さそうです。

お弁当をリュックサックに入れて、山登りをする。
そんなイメージかもしれません。
かくいう、私も実は、そんな甘いイメージでした(笑)

ですが・・・安全に登山する為には、

履きなれた運動靴はNGです
使い慣れた、リュックサックもNGです

「日帰りの登山くらい、大丈夫だろう」
そんな甘いイメージは、どうか捨ててください。
低い山だとしても、相手は大自然です。

登山コースと言えど、コンクリートの道でも、運動場でもありません。
登山コースは、整備された道ばかりではないのです

木の根が飛び出した足場の悪い道だったり、
何となく石段?と思う程度のおそまつな段差が沢山あったり、
中にはクサリ伝いに登る場所すらあります。

つまり、足元に注意をしながら、ひたすら上り道、と言う状態です。
なので、スニーカーで行くと足が痛くなります

目で見てわかる登山教室・登山靴.PNG

又、普通のリュックサックで行くと、
肩への負担が重くなり
首や肩を痛めてしまいます


怪我をしてからでは遅いですので、
必ず、専用の道具を使ってください

ところで、お店で登山の道具を見られたことはありますか?

「とりあえず、お店に行く前に少し知識を得ておこう」
と思っていらっしゃるかもしれません。
それは大変素晴らしいことです。

「登山道具の選び方」は店員さんに聞けばいいだろう。
そう思って、私は初めにお店に足を運びました。

しかし、それは甘い考えでした。
と言うのも、店員さんは気さくに説明してくれるものの、
そもそも話に登場する専門用語が分からないのです。

ザック?
ポール?
スタッフバック??
どれにしますか、と言われてもそれが何なのかすら分かりません・・・。

又、「どんな仕様がいいですか?」と聞かれるのですが、
基本的な登山道具の仕様も
何も分からない私には、サッパリでした。

「またにします…」
そう言って、逃げるように帰ってしまいました。

お店には沢山の種類やメーカーの登山道具があります。

何を基準にして選べばいいのか?
どれが自分に合うものなのか?
どれなら安全なのか?

登山道具選びに迷う要素がありすぎて、困ってしまいます。
せめて、道具を選ぶ時の基準さえ分かれば…

では、その基準をお教えします。
ずばり!
疲れにくい」です。

当たり前の事かも知れませんが、
登山では自分の足で歩いて、登り、下らなければなりません。

一緒に登る人は貴方の救助隊ではありませんから、
疲れた貴方に手を貸したり、
ましてや、背負ったりはしてくれません。
第一、貴方が疲れているのと同じように、
疲れています。

又、「疲れ」は判断力を鈍らせることが多いです

予定外ではあっても、
少し休憩すればいいところを早く進んで、
その先で休憩することを選択したばかりに、
怪我をしたり、体調を悪くしたりする人は、結構います。

ですから、登山を最大限に疲れにくくすることが大事なのです

そしてじつは、疲れにくい登山をする為に、
道具の選び方が、重要なポイントになります。

体力があれば、疲れにくくなるんじゃないのか?
だから、体力を付けないといけないんじゃないのか?

ハッキリ言います。
その考え方は間違いです。

昨日お話しした通り、
登山にハードな体力作りは必要ありません

現に、ご高齢の方でも登山を楽しんでいらっしゃいます。

その代わり、体力をつけること以上に、
道具の選び方、使い方が
貴方の登山の道のりを少しでも楽にするか、
疲れるものにするかの命運を分けるのです!

「より疲れにくい」道具の選び方、使い方をしてください

そうすれば、体力に自信がなくても、
十分安全で、楽しく山道を歩ける、と言う事なのです。
(株式会社Good Appealさんのメールより)



公式サイトはこちらから

登山家 小西浩文の目で見てわかる登山教室
楽しいトレッキング講座
登山道具の準備から初めての山登りまで、まるわかりDVD
公式サイトはこちらから


発行者:株式会社Good Appeal

登山家 小西浩文の目で見てわかる登山教室 楽しいトレッキング講座 詳細

戻る 安全に楽しく登山出来る方法
進む 体力作りのトレーニングは