📖 新着 登山初心者情報



登山家 小西浩文の『目で見てわかる登山教室』楽しいトレッキング講座〜登山道具の準備から初めての山登りまで、まるわかりDVD〜
はじめての登山も安心。動画で解説の、登山方法です。



登山で必要なマナー・ルールなので知っておいてください

登山家 小西浩文の目で見てわかる登山教室
楽しいトレッキング講座
登山道具の準備から初めての山登りまで、まるわかりDVD


こんにちは。
登山講座6回目になりました。
今まではトレーニングや道具の選び方など、
テクニックに関することをお伝えしてきましたが、
今日は、登山を始める前に、
かなり重要なことについてお伝えします。

貴方もご存知かと思いますが、
ゴルフにも、野球にも、スポーツにはルールがあります。
ただ走るだけのマラソンにも、ルールがあります。
これらのルールを破れば、失格や退場となりますよね。

そして、おそらく貴方もルールを知らなければ、
見ていても面白くないと感じるはずです。
もし、ご自身が詳しくないスポーツのテレビ中継をやっていても、
つまらないからチャンネルを変えてしまいますよね。

登山も同じです。
登山にもルールがあるんです
しかし・・・
「ルールに違反したから、失格。」
何てことは一切ないので、ご安心ください(笑)

失格にはなりませんが、知らないと、
「そんなことも知らないのか」と他の登山者に注意されて、
つまらない登山になる可能性もあります。

「やっておけばよかった」と事故をした後で、
後悔することもあります。

やはり知っていた方が、「楽しく」「安全に」登山が出来るので、
是非押さえておいて、いただきたいと思います。

ルール、何て言うと大変そうに思うかもしれませんが、
歩行者は右側通行、程度のルールです。

「いくつかの注意点」として、登山をする人が共通して持っている認識なので、
マナー」と言った方がいいかもしれません。

全く堅苦しいものではありませんし、
当然のことと言えば、当然のことなので、
そのうちの1つについてお話しします。

貴方は登山で頂上についた時、何がしたいですか?
大きく深呼吸?
ヤッホーと叫ぶ・・・ようなベタなこともきっとしてみたくなる絶景が待っていると思います(笑)

ただ、誰もが共通しているのは
せっかく登った頂上で、ゆっくり過ごしたいと思うでしょう。

そこで、軽食や、昼食などを持って行って食べる。
これほどおいしく感じられる食事は、そうそうないと思います。
是非、お弁当などを持って行って、食事を楽しんでください。

しかし、ここで気を付けて頂きたいのが、
その食事の後の「ゴミ」です。
ナイロン袋やお弁当の空きガラ、ペットボトルだけでなく、
ウェットティッシュやティッシュペーパーなども、
貴方が持ち込んだものです。

登山は自然そのものを楽しむものです。

貴方が頂上に登った時に、
辺りがゴミだらけになっていたら・・・
頂上に登ったせっかくの喜びも半減してしまって、「がっくり・・・」ですよね。
それは貴方も、他の登山者の方も同じです。

又、登山では大自然を感じること自体が楽しめると思います。
いつまでも、山のこの自然を豊かに保つ為にも、
貴方にも協力してもらえたら、と思います。

ですので、荷物にはゴミ袋を忘れずに入れてください。

登山どうこうというより、
人間として守っていきたいマナーですが、
登山においても、このマナーを知っておいてほしいと思います。

知っているか、知らないか。
それだけで大きく登山の仕方が変わると思います。

登山のマナーはみんなが気持ちよく、
安全に登山する為のマナーなので、是非知っておいてください。

この他にも、登山する前に、提出しておくべき書類についてや、
雨や雷に出くわした時の為の、避難小屋の使い方などについても、
又、機会がありましたら、お話ししたいと思います。

◇他にも登山のルールを教えて欲しい!
「登山計画書」って何ですか?
詳しくはコチラをご覧下さい。
「生まれて初めての登山に役立つ!登山教室」
(株式会社Good Appealさんのメールより)



公式サイトはこちらから

登山家 小西浩文の目で見てわかる登山教室
楽しいトレッキング講座
登山道具の準備から初めての山登りまで、まるわかりDVD
公式サイトはこちらから


発行者:株式会社Good Appeal

登山家 小西浩文の目で見てわかる登山教室 楽しいトレッキング講座 詳細

戻る 登山道の登り方、歩き方のコツや知識
進む 登山家小西浩文さんが教えてくれた1日5分の体力トレーニング方法

登山をするにも知識が必要です。山には山のルールがあります


登山家 小西浩文の目で見てわかる登山教室
楽しいトレッキング講座
登山道具の準備から初めての山登りまで、まるわかりDVD


貴方には、「今更人に聞けないなぁ・・・」
と思う登山の疑問がありませんか?

野球やサッカーなら、ルールがあり勝ち負けが決まるので
始める前に知識を入れようと思いますよね。
草野球をするにしても、ルールが分からないと出来ないです。

音楽もそうです。
楽譜が読めたり、音楽の知識がないと演奏出来ないですよね。

それなのに、同じ趣味でも『登山』となると
あまりそのような感覚が無い方も多いです。

「頂上に登れば良いんでしょ?」
何て、安易に考えていないでしょうか。

以前も、富士登頂のアドバイザーとして依頼を受けたことがあるのですが、
驚いたことに普段着で来ている方もいました。
中には、革靴で歩いて登ろうとする人もいるそうです。

それも「歩いて登れば良いんでしょ?」
という発想が原因だと思います。

ですが、実際は山には山のルールがあります。
そして、登山をするにも知識が必要です。


ですが、あまりにも登山が簡単な趣味にとらえられているので
今更人にあれこれ聞きづらいな・・・と思う方も多いようです。

更には、そうした知識すらあまり必要ではないと思っている人もいらっしゃるようです。

そこで、今日は正しい知識やルールを身に付けるいい機会にしていただければと思います。

もし、貴方がすでに登山を何度も経験していらっしゃるなら
復習だと思って、参考になさってください。

目で見てわかる登山教室・悩み.PNG


📖8割近くの方が誤解している、登山の知識とは?

初めての方が勘違いしやすい点や、
失敗してしまうケースとはどんなものでしょうか。

まず、以下の質問にYESかNOで答えてみてください。

1.登山は、究極のところ頑張って歩けるかどうかの精神論だ
2.登山の目的は頂上にたどり着くことだ
3.初心者はスニーカーなどの歩き慣れた靴で構わない

4.ストック(杖のような手に持つもの)にあるストラップのようなベルト部分には
手を入れて落とさないようにする

5.登山では疲れた時に休憩を取るようにする

さて、貴方はいくつYESがありましたか?
意外と誤解をされがちな点を取り上げてみました。
では解説をしていきます。

1の『登山は、究極のところ頑張って歩けるかどうかの精神論だ』

これは、正確にはNOです。

例えば、上級者が登るような北アルプスを登頂する、
と言うような登山になってくると、
ある意味当てはまります。

何故なら、この世界になると、
登山愛好家として十分な準備とトレーニングを積んでいるからです。
誰しも同じように、そうやってしっかり準備をした上で目指します。

ですから、後は気力や天候条件といった、
物理的な解説が難しい部分が関係するかもしれません。
ですが、初心者のかたが登山をする時には、
きちんと準備をしておくことが大切です。

頑張って必死に歩いている段階で、
準備不足と言えます。
なので、まずは低山なら必死で踏ん張って歩く必要のない程度の
体力をつけておくことが大切でしょう。

その為に、何か特別なことをしなくてはならないか、
と言うとそうではありません。

実は、このトレーニング方法なら、
1日わずか5分程度、“あること”をするだけで、
登山に必要な体力が付きます


目で見てわかる登山教室・トレーニング方法.PNG


では2の『登山の目的は頂上にたどり着くことだ』について。

これも、正確にはNOなのです。

多くの方がゴールを頂上にしてしまっている為に、
事故が下山時に集中しています

ある登山道では、9割が下山時に起きていると発表しています。
これは、やはり、ほとんどの方が登山の目的を
『登頂』に置いてしまっていることが原因だと思われます。
その為、登り切った瞬間に、気が緩み、
下山時に事故が多発しているのでしょう。

それなら、登山の目的、
いわゆるゴールをどこに設定すると事故が激減するでしょうか?

「じゃ、下山するまでにすれば良いのでは?」と思われた方。
なかなか鋭いです。
ですが、本当のゴールはそこではないのです。

是非、貴方が安全に楽しく登山を終えるために正しいゴール設定を知ってください。

安全な登山の為のゴールとは?

目で見てわかる登山教室・本当のゴール.PNG


さて、まだまだ3番以降もお伝えしたいのですが、

かなり長くなりそうですので、
今日は貴方に特別なお知らせをしようと思います。
実は、この度、プロの登山家である小西浩文氏が、
登山者向けの講座をスタートしました。

目で見てわかる登山教室・小西浩文.PNG

世界の8,000m級の山々を無酸素で登頂したと言う
誰よりも、山の厳しさを知っている登山家です。

その登山家の小西浩文氏が、初心に返り、
生まれて初めて登山をする人にも、見てすぐ分かるような
登山講座を始められたのです。

『安全で楽しい登山』のノウハウを盛り込んだ作品です。
1日わずか5分のトレーニング方法や、
安全な登山の為のゴール設定。

登山家だからこそ分かる、
登山用具の効率的な使い方など。

例えば、ストックの疲れない持ち方や、
ご年配の方でも足腰を傷めない歩き方。
更には、正しい登山靴の選び方や履き方。
ザックがグンと軽く感じられる荷物の背負い方など。
実践的な部分では、沢の渡り方も解説しています。

とにかく、これまで全く登山に興味の無かった、
超初心者の方でもこれさえ知れば、
登山を始められるという内容になっています。

しかも、DVD付きで見てすぐ分かるよう解説しています。

実際に登山をしながら、ポイントの解説もしているので、
まるで貴方も登山をしている感じで、
手に取るように分かっていただけるでしょう。

これから登山を始めようと思っている方、
始めてみたものの思うように楽しめないと思っている方、
久々の登山なので記憶があやふやな方。
是非、参考になさってみてください。
もちろん、ベテランの方も復習を兼ねて参考にしていただくのも素晴らしいと思います。
(株式会社Good Appealさんのメールより)


公式サイトはこちらから


登山家 小西浩文の目で見てわかる登山教室
楽しいトレッキング講座
登山道具の準備から初めての山登りまで、まるわかりDVD
公式サイトはこちらから


登山をするにも知識が必要です。
山には山のルールがあります


登山家 小西浩文の目で見てわかる登山教室 楽しいトレッキング講座 詳細
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。